冷えをとってむくみを改善

冷えをとるとむくみが改善

冷えると血流が悪くなりますますむくみます。とくに、足もとだけが冷えていたりすると、下半身(とくに足)に流れ込んできた血液などの水分が滞留してしまってむくんでしまいます。

 

反対に、足元がポカポカと血流がいいと老廃物なども運ばれやすくむくみは改善されます。

下半身を冷やさないためにはどうすればよいか

下半身を冷やさないためにはどうすればいいのでしょう。ポイントをまとめてみました。

 

締め付ける下着をやめる

ガードルやボディスーツなど、体を締め付けて細く見せるような下着はなるべくやめましょう。下腹や腰周りを締め付けることで血流の妨げになります。

 

素足を控える

 

自宅でゆっくりくつろぐ時や、職場での事務作業中など、可能であれば靴下などで足もとをあたためるようにしましょう。特に5本指の靴下の上にもう一枚ソックスを重ねると、足の指先まで温かいです。

 

体を温める食べ物を食べる

 

夏や体が火照っているときなどは冷たい飲み物や食べ物が欲しくなります。でも、実は暑いときには、熱い食べもや飲み物を取ったほうがスッキリ。冷え対策にもなります。

 

体を温める食べ物とは

食べ物や飲み物には、体を冷やす食材と体を温める食材があることをご存知ですか?

 

一般的には、色のついてるもの、寒い国の特産物などは体を温め、熱い国で取れるもの(南国フルーツなど)や白く精製されているものは体を冷やすと言われています。お砂糖なら白糖よりも黒糖やきび砂糖と言った感じですね。

 

体を温める代表的な食材

特に生姜やにんにくなどは体をあたためることで有名です。にんにくはニオイがあるので、生姜の方がおすすめです。最近では冬になるとハチミツや黒糖と生姜の飴などがたくさん売り出されます。体を温める効果があると人気ですよね。

むくみ専用のサプリメントと体を温めるサプリメント

むくみをとるサプリメントを探してこのサイトにたどり着いている方が多いようですが、むくみだけでなく冷えでも悩んでいる方は冷えとり用のサプリメントを試してみるのも手だと思います。

 

むくみ対策のサプリメントはこのサイトでも紹介しています(むくみを取るサプリメントのおすすめ⇒コチラ)。

 

むくみ対策サプリメントは、赤ぶどう葉という植物のエキスを中心に明日葉などむくみに効果があると言われている成分でできています。しかし、冷えが原因で血管が縮こまり血流が悪いのであれば、生姜など体を温めるものが効果が見られる場合もあります。

 

生姜をとって体を温める

 

生姜スープや生姜紅茶などを毎日とると体がポカポカとして血流が良くなります。その効果から、むくみも改善されるかもしれません。毎日生姜料理を作るのが面倒な方は生姜サプリなど体を温めるサプリメントに頼るのも手です。

 

※参考サイト:「冷えた体を温めるサプリ